Mobility to Love,
Safety to Live

ビジョン

MOBILITY TO LOVE, SAFETY TO LIVE

トヨタは、モビリティ社会の実現に向けて「トヨタモビリティコンセプト」を掲げ、クルマの価値の拡張、モビリティの新領域への拡張、モビリティと社会システムとの融合を進めています。ウーブン・バイ・トヨタは、この方針に沿って、トヨタの先進的なBEVを含む次世代車の開発と、誰もが自由に、楽しく、快適で、安全に移動できるモビリティ社会の実現に貢献していきます。

ツールとテクノロジー

ビジョンを達成するためのツールとテクノロジー

開発技術
アリーンのイメージ画像
ARENE
車両ソフトウェアOS・プラットフォームのAreneを通じて、高品質な車両ソフトウェアの効率的な開発、展開、継続的な改善が可能になります。
高速道路を走るレクサス車両
自動運転・先進運転支援システム技術
自動運転・先進運転支援システムにより、乗用車や次世代の商用車など、あらゆる形で安全な運転を実現します。
ウーブン・シティの3Dレンダリング画像
WOVEN CITY
モビリティのためのテストコースであるWoven Cityでは、トヨタをはじめとした様々な企業の開発者、スタートアップ、起業家や、子供からお年寄りといった住民など、全ての発明家とともに未来の当たり前を発明し、幸せの量産を目指します。

目標の達成に向けて

すべての人に移動の自由を届けるために

運転シミュレーターを操作する男性
信頼

誰もが安心して利用できるモビリティを創造するために、私たちがつくる全てのものに安全性を組み込んでいきます。

トヨタの企業ロゴ
トヨタ

車両インテリジェンスソフトウェアや、モビリティのテストコースであるWoven Cityの開発を通して、ウーブン・バイ・トヨタはトヨタモビリティコンセプトの加速を支えていきます。

アリーンのイメージ画像
ARENE

Areneは、ソフトウェア・ディファインド・ビークル(ソフトウェアの更新を見据えて設計された車両)の継続的な進化を支える革新的な車両ソフトウェアOS・プラットフォームです。

社員の声

モビリティを創る仲間たち

ケイト・マッキンリーのプロフィール写真

"技術のための技術ではなく、人々の生活にとって重要で、役に立つ技術でなければならないのです。"

ケイト・マッキンリーSenior Security Engineering Manager, Product Security
ジャック・ヤンの顔写真

"ここウーブン・バイ・トヨタでは、新しいモビリティを創るためにデータの価値を活用しています。お客様を幸せにするだけでなく、より良い世界を創ることを目指しています。"

ジャック・ヤンHead of Enterprise Technology at Woven by Toyota.

次のページ

開発技術