2021年8月18日News

トヨタ子会社、ウーブン・プラネット・ホールディングス米国 CARMERA, Inc. の買収を完了

記事を共有する

トヨタ自動車株式会社の子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、CEO:ジェームス・カフナー、以下「ウーブン・プラネット」)は、自動運転モビリティのための高精度地図を中心とした次世代道路情報解析に強みを持つCARMERA, Inc.(本社:米国ニューヨーク州、ワシントン州、CEO:ロー・グプタ、以下「CARMERA」)の買収を完了しました。2021年7月に公表した本買収は、モビリティの革新や自動運転、ロボティクス、スマートシティ領域への投資を進めるウーブン・プラネットにとって、米国Lyftの自動運転部門であるLevel 5買収に続く2度目の案件となります。

CARMERAは、長年にわたり信頼関係を築いてきたパートナーであり、本買収の完了により、ウーブン・プラネットはニューヨークとシアトルにある同社のオフィスおよび事業を直ちに継承します。また、CARMERAの優秀なエンジニアがウーブン・プラネットのAutomated Mapping Platform (以下「AMP」)チームに加わり、道路や車線を含むグローバル規模の高精度地図プラットフォームへの成長を加速させ、それぞれの地域に適した高精度な地図を用いた安全な自動運転を支援します。さらに、CARMERAの強みである地図の更新や変化点の管理、車両に搭載されたクラウドソース型のカメラは、ウーブン・プラネットが開発する高精度地図プラットフォームを補完し、拡張します。Level 5やトヨタ・リサーチ・インスティテュート(以下「TRI」)にCARMERAが加わることにより、ウーブン・プラネットはビジョンである「Mobility to Love, Safety to Live」の実現に向けてさらに一歩前進していきます。

なお、今回の買収完了は、対米外国投資委員会(CFIUS)による審査完了を受けて公表するものです。

ウーブン・プラネット 代表取締役CEO ジェームス・カフナーのコメント

今回の買収は、世界��最も安全なモビリティを実現するという当社のミッションを加速させるものです。CARMERAの世界トップクラスのエンジニアと専門家、さらにニューヨークとシアトルの拠点が加わり、TRIとLevel 5のチームと共に、道路や車線まで含むグローバル規模の高精度地図プラットフォームを提供するという目標を達成していきます。私たちは、革新的なモビリティ技術を開発することによって、全ての人にとってより幸せで安全な未来の実現に貢献していきます。

注釈

※ 日本語での読みは「カーメラ」

ウーブン・プラネット・グループについて

ウーブン・プラネット・グループは、2018年に設立されたトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社の事業を更に拡大、発展させるために、2021年1月にウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社、ウーブン・コア株式会社、ウーブン・アルファ株式会社、ウーブン・キャピタルの新体制のもと事業を開始しました。それぞれの強みと専門性を活かし、相乗効果を生み出し、ビジョンとして掲げる「Mobility to Love, Safety to Live」を実現します。自動運転技術、ロボティクス、スマートシティなどの分野において、新しいイノベーションの創出とパートナーシップの拡充を通して、人々の働き方や暮らしを変えていきます。コネクティッド技術に支えられた安全でサステイナブルなモビリティを創り、すべての人々に幸せを届けることを目指しています。詳細はこちらをご参照ください。https://www.woven-planet.global/jp/

CARMERAについて

CARMERAは、車両のクラウドソーシングとリモートセンシングを利用して、ストリートレベルの変化を世界的な広さと高解像度で捉えるサービスを提供する企業です。CARMERAは、オープンシステムアプローチを採用し、世界の主な自動車会社、商用モビリティ事業者および地図生成プラットフォームと連携しています。CARMERAは、米国ニューヨークおよびシアトルに本社を置き、Google Venturesをはじめとする企業からの支援を受け、地理空間、機械学習、コンピュータービジョンの各分野で活躍する人材から成るチームで開発を進めています。また、CARMERAは、フロスト&サリバン社の「2020 North American Mapping Company of the Year」など、複数の業界賞を受賞しています。詳細はこちらをご覧ください。https://www.carmera.com/